舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

クシガーデンでランチ

昨日、バレエのお稽古友達とクシガーデンに行きました。今年になって初めてです。
この前はPure Cafeに一緒にいった彼女は、お友達が正食協会で働いているそうで、ちょっとだけマクロビオティックのことも知っていました。Pure Cafeに行ってから残業があるときのご飯はチャヤのお弁当を買ったりしているそうです。
写真は撮っていません。
ランチのメインはテンペの甘酢いため、選べるデリはかぼちゃのカシュークリーム和えにしました。クシガーデンのランチはキャベツ・もやし・にんじんのボイルサラダが必ずつくので、結局3品。
いつもお味噌汁にするのですが、今日はキャベツ・玉ねぎ・モチ粟のスープにしてみました。
ご飯のごま塩、断ればよかったな。自分で避けましたが。
以前にも書きましたが、クシガーデンのお料理はデリとして一品ずつ販売もしているので、それぞれが「強い」のですね。その分、普通食の人にもおいしく感じられるしっかりした味であるともいえます。
玄米ご飯は我やよりは軽め、でもやっぱり圧力釜炊きは自分には重かったんだ、と気が付きました。幸い、クシガーデンはお料理を持ち帰らせてくれるので、ご飯とかぼちゃは詰めてもらいました。
マクロビオティックに興味を持ってくれた彼女に、奥津典子さんの「オーガニックベース マクロビオティックと暮らす」を貸しました。

さて、持って帰ったものの、ご飯はそのまま食べたら重そう。一部をホールフーズスタジオの「グリーンサワーソース」にして蒸したキャベツ、さっとボイルしたワカメのサラダにしました。でもまだほんのちょっと残っています・・・
かぼちゃは十分甘いお料理だったので、デザートとして。
[PR]
# by unekocan | 2006-03-09 08:30 | 外ごはん・お茶
外食ではあるのですが、あえて「マクロビオティックを学ぶ」というカテゴリーにしました。
3月5日日曜日、iede cafeで「心身レイアウト膳」をいただきました。これは事前に相談・予約をして、それぞれにあわせた処方箋=お料理をいただく、というものです。
内容はこちらでもご覧いただけます。
2月28日の新月以降、妙に疲れて仕方がなかったんですね。だるい、ぐったり、というよりも、固くこわばっている感じがして、朝起きた時から体が重い。でも動けないほどではないので、いつもどおりに生活し、バレエ・ヨガのレッスンもしていました。というよりも、休むとそのままだらだら休み続けることになるのでは、と休むことができなかったのです。せめて、と早くベッドに入ると夜中に目が覚めてしまう。
体を楽にしたい、というよりも春に向けて、新しく挑戦することもあるので、この疲労感を契機に変えるべきところは変えたい。
というようなことをメールでお知らせし、前日に読経のお稽古と食事でカフェに伺った際に普段の食事について直接お話しましたところ、「erace and rewind : リセットとリボーン」をテーマにした処方箋をいただきました。

続きを読む
[PR]
# by unekocan | 2006-03-08 17:40 | マクロビオティックを学ぶ
今日、お休みした方は久司先生の講演にいらっしゃったのかしら?(お昼ご飯を密閉容器に入れて、そのまま退出された方も。KMAの授業は遅刻と退出は自由、となっています・・・)。与えられた機会をどう生かすかは、自分次第。私にとっては今日の講義は出てよかった、と思うものでした。
講師は原先生です。

第5回 マクロビオティック生活法 旅行・外食の時の対処法
1.マクロビオティック生活法
歌を歌うってどういうこと?
よく久司先生が「楽しい歌を歌いなさい」とアドバイスされていますが、原先生は
ポジティブで楽しい気持ちになることで、食べたものから得たエネルギーを活性化させるために、お金もかからなくて簡単な方法が歌、と考えているそうです。もちろん、「笑う」ということも大切。笑うことでNK細胞が活性化させ免疫力を向上させる療法もありますよね。
食事だけでよくならないときには楽しいことを考えているか、笑っているかを振り替える。
※原先生は、「久司先生がこうおっしゃっているけれど、『なんでかな』と考えて」という言い方を何度かされました。聞いたことについて自分で「考える」姿勢は大切ですよね。
早寝早起き
東洋医学では夜10時~12時に体の機能が回復し、また細胞は眠っている間に入れ替わると考える。「早起き」というのは本来は「日の出とともに」が望ましい。
自然なものを見につける
特に直接肌に触れるものは綿が一番良い。
合成繊維:吸水性・吸湿性がなく皮膚呼吸を妨げる。静電気がおきやすいので体にホコリがつきやすくなる。
※ただし、山やスキーなど特別な環境では「ダマール」を利用するなど臨機応変に。
ウール:動物性のものは陽性なので、陽性である人間とは反発し合う。
※絹も動物性という点では同じ。ただ、絹の効用ということも言われているので、自分で考えがある人は試してみてどう感じるかを確認してみよう。
自然に触れる
都会ではアスファルト、コンクリートで地面が覆われているために、陰の気がブロックされ、陽の気ばかりを受けることになりやすい。地面や砂浜などに直接触れる機会を持つ。
入浴の仕方
マクロビオティックを続けてある程度の期間を経過していると、長時間の入浴・シャワーは体のミネラルを排出しすぎて貧血の原因になることもある。逆に動物性の摂取が多かった人は余分な塩分を排出する効果もある。
一方で体を温める良い効果もあるので、恐がる必要はない。心配なら塩を一掴みいれて入浴することも良い。
ホットタオルで体をこすることがよい。

1.食習慣
よく噛むことの意味
唾液
①解毒作用がある。外食で標準食外のものを食べるときにはプラスの気持ちでよく噛んでいただく。
②マクロビオティックの中心食材である複合炭水化物を消化する酵素が含まれる。
就寝3時間前には食べない
眠っている間に消化器官が休めない。
(現代のライフスタイルでは)どうしても食べざるを得ない場合はスープなど。
感謝する
健康でなければ感謝もしにくい→やはり、よい食べ物、よい食べ方で元気になることが大切。
また、怒って食べると血液が酸化する。

2.平和な心で料理する
忙しく時間がない場合も
深呼吸する
目をつぶる
静かな音楽をかける
花や緑を目にする
(1)ストレス
両極端な食事をすることでストレスを受けやすくなる
▲陽性
肉、卵、鶏肉、チーズ、ベー久した粉、塩気の強いもの
・引き締める、固い
・柔軟性がなくなる
・リラックスしない
・順応性がない
・ストレスを受けやすい
▼陰性
砂糖、チョコレート、アイスクリーム、清涼飲料水、スパイス、アルコール、熱帯性の果物・野菜
強い上昇の力で頭がフラフラする感じ
・落ち着きがなくなる
・不安、激怒
・イライラ、気が弱い
⇒真ん中、中庸の食事をすることで
・ストレスを受けにくい
・集中できる
・柔軟
・リラックス
(2)疲労と低血糖
低血糖症とは
現代人の80%が低血糖症と言われている。
(夫婦喧嘩、離婚原因のほとんどが低血糖症:久司先生のお話)
息を吐きながらみぞおちを押して痛みがある人⇒膵臓の周りに固い脂肪(コレステロール)が溜まっている:鶏肉、卵、チーズ、ベークした粉、焼き魚、干物、塩
これらを溶かす食材として 大根
大根おろし:最近食べたもの
さっと火に掛けた大根:少し前に食べたもの、体の中に溜まっているもの
じっくり火に掛けたふろふき大根など:より体の中 膵臓など
切干大根:さらに体の奥に溜まっている脂肪
膵臓に脂肪がついてグルカゴンの分泌が阻害されていることによって起こるのが低血糖症。
特に午後2~3時に大気が下がり、血糖値も下がったときにグルカゴンが働かない。
夜に掛けて血糖が低いので体温も下がる。
体の中心部(内臓)には丸い野菜、丸い穀物(きび、あわ)がよい

①甘い野菜のスープ
一ヶ月くらい飲み続けてもよい。低血糖の症状が改善したらやめる。
スープはエネルギーを凝縮したものなので、症状が軽くなったら普通の食事でバランスをとるようにしたほうがよい。
料理として使う場合は、具も食べる、塩を少し加える。

②梅醤番茶
ミネラル不足、両極端な食事や三白(白米、白砂糖、精白粉)の中和
ただし、毎日飲み続けるのは陽性になり過ぎることがある。

お昼ごはんと後半の講義は
[PR]
# by unekocan | 2006-03-07 08:06 | マクロビオティックを学ぶ

ひなまつり

雨が降って、寒いひなまつりになりました。でも春雷が聞こえる、ということは確実に春になっているということでもあります。

b0002138_17141893.jpg

くろうさが買って来てくれた加賀の甘酒と、私が作った苺大福。皮は白玉粉と玄米もち粉をすり鉢ですった苺で練り、餡は銀手亡(米飴、玄米甘酒)です。
くろうさは大福つくりに使った苺と大地宅配のりんごを食べていました。彼が買ってきた普通のスーパーの苺はなんと!全部かびていたのです・・・
ああ、でもこの甘酒、おいしい。また買ってきてね。
くろうさは、雛人形と同じく、うさぎの5月人形が欲しいそうですが、そんなのあるかしら?
[PR]
# by unekocan | 2006-03-04 17:17 | 料理

Cafe Eight

クローズしていたCafe Eightが目黒区青葉台に再オープンしました。今日はKMAのお友達といっしょにランチに行きました。
玄米を食べようと思っていたのだけれど・・・今日のスペシャルランチ=ミーゴーレンを見てしまったので、それをオーダーしました。エスニックをVeganで食べられる機会はそうはないもの。
お店は女性のお客さんでいっぱい。13時を過ぎるととたんにすいたので、近くの会社の人たちなのかもしれません。
b0002138_23202616.jpg

b0002138_23204225.jpg

ポテトが添えられていたので、「食べられないので避けてください」とお願いしたら、ヒジキのサラダに変えてくれました。辛いけれど、おいしかったです。
池尻大橋駅から向う途中の道でスイーツ担当の小林さんにも会ったし、イベントカフェで見知っているスタッフもいました。
今日はひなまつりということで、女性限定でプチスイーツ(キャロブバー 生チョコみたいです)をサービスしてくれました。
日曜日もランチ営業があるし、渋谷の道玄坂上からも歩けるので、バレエのお稽古の後にもこられそう。玄米のメニューはカレーだけかと思ったら、納豆丼もありました。

代官山まで歩いて20分くらい。メルロ・パノニカの前を通りました。
代官山ではKuでお買い物。
寒かったけれど楽しかったです。おつきあいいただいて、ありがとうございます。
[PR]
# by unekocan | 2006-03-03 23:21 | 外ごはん・お茶

BROWN RICE CAFE

昨年8月に「マドモアゼル・モーツァルト」観劇の前に食事して以来だと思います。
12時15分前からオープンを待ちました。雨降りの平日なのに開店後10分で満席。でも結構回転は早かったかな。
この寒いのに、サニーレタスたっぷりの(笑)テンペのサム(包みご飯)を選びました。
蒸し野菜は自分でも作れるし、今日はシンプルなものをいただきたかったから。いつもは三之助揚げの「玄米いなりポーチ」なのですが、夕飯で油をちょっと使うから油揚げはちょっと。
b0002138_1815566.jpg

お味噌汁です。携帯が写っちゃった。
b0002138_1816201.jpg

今日は1日なので、小豆ご飯でした。それから、ご飯の増量が頼めるようになったんですね。ご飯をしっかり食べたい人、男性には嬉しいですよね。
それから、ここのグレインコーヒーはINKA(いちじくなし)です。
相変わらずお料理はおいしい。テンペは味つけなしで、南蛮味噌を添えて食べるスタイルなので味付け問題もなし。ちなみに、私はテンペだけレタスと薬味で食べて、ご飯はご飯だけで食べます。

お店の雰囲気がとっても好き!じゃないのはどうしてかなあ・・・別に感じ悪いとかじゃないです。
ただ。
例えば、おしぼりの出し方やタイミング。
受け皿にクッキーを載せて、コーヒーカップを載せて、という動作。
ルーティンになっている感じなんですよね。ちょっと雑、というか。

お店で使っているRe食器のボウルも販売していました。買おうかなと思ったのですが、ネット通販の方が断然安いことに気がついてやめました。
暖かくなったら、テラス席利用で、また来ようかな、と思います。
[PR]
# by unekocan | 2006-03-01 18:21 | 外ごはん・お茶
日時 2006年2月25日(土)14:00開演
場所 東京文化会館大ホール
席 1F 18列9番

何ヶ月も前から見ることを決めていたのに、なんとチケット購入を忘れていた・・・4日前でこんなに観やすい席が買えるのは問題であるような気がします・・・
<25日の主なキャスト>
ニキヤ 朝枝めぐみ
ソロル 今井智也
ガザムッティ 林麻衣子
黄金の仏像 桑原智昭
バラモン 赤城圭(24日と共通)
ドロラグヴァ 梶原将仁(24日と共通)
物語の舞台はインド。戦士ソロルと神殿に使える舞姫ニキヤの恋、ニキヤに横恋慕するバラモン。ドグマンタ(領主)はソロルを姫ガザムッティの婿にと決め、邪魔なニキヤを暗殺しようとたくらむ。ソロルは領主に逆らうことができず、結婚式で祝いの踊りを踊るニキヤは、花籠に仕込まれた毒蛇に咬まれる。ガザムッティと去っていくソロルの姿に、ニキヤはバラモンが差し出した薬を投げ捨てて息絶える。
悲しみと後悔に打ちひしがれるソロルは、苦行僧が勧めるアヘンを吸ってニキヤと死者たち(バヤデール)の幻を見る。触れそうで触れらないニキヤに導かれるまま、ソロルは死者たちの列に加わる。
(後半、神の怒りに触れて伽藍が崩れてすべての登場人物が死に、ニキヤとソロルが昇天する、というストーリーもあるそうです)。

続きを読む
[PR]
# by unekocan | 2006-03-01 08:53 | ダンス

味付け問題

今日は荻窪グルッペの特売日だったので、午前中吉祥寺でヨガのレッスンに出て、その後グルッペでお昼を食べることにしました。
ヨガでは初めてチャンティングも練習しました。

セールだから満席かな、と思ったけれど、12時50分くらいに店に入って、窓際の席に座れました。精進ランチは量多いんだよね・・・でもご飯セットだけっていうのもさみしいし、と精進ランチをオーダー。今日はサービスデーでご飯は五穀入り玄米でした。ご飯も多いので少し持ち帰り、ひじきの煮物も持ち帰りにしました(私は密閉容器を持参しましたが、グルッペさんは「持ち帰りたい」というとパックに入れてくれます)。その他は、お味噌汁(油揚げと三つ葉、今日は具は少なかった)、小松菜のくるみ味噌和え、蓮根ともずくの酢の物、かんぴょうと野菜の袋煮。
さすがにお野菜はおいしい。しかし、量は持ち帰りで調整するとして、味付けが以前よりも濃く感じられました。のどが渇いて仕方がない、というほどではなかったけれど。
この前の土曜日にPureCafeのグレインサラダも穀物と豆の部分はよかったのだけれど、蓮根やにんじんは塩辛いなあ、と思ったんですよね。iede cafeでもリメイクしてもらったし。
この後、cafe eightとか、久しぶりにクシガーデンとか行く予定があるのですが、どうかなあ。

自宅の夕食は
ひよこ豆入り玄米ご飯(中先生の勧めで、もち玄米です。時々は100%にしてよいそう)。
大根と大根葉、ふのりの味噌汁
グルッペで買った新物の生若布、にんじん、あお葱をO.Bレシピの甘酒ドレッシングサラダに。
五右衛門豆腐(6分の1丁くらい)に玉ねぎ、白菜の水なし煮をあんかけにしたもの。
べったら漬けとザワークラウト。
1人ご飯のときには、かなり甘味が勝った味になります。これでデザートなしでもOK。
[PR]
# by unekocan | 2006-02-28 23:31 | 日常

オープンオムレツ

b0002138_21144730.jpg


ずっとグルッペで買っていた「三代目五右衛門豆腐」を家の近くでも買えるようになり、くろうさが日曜日に2つ買ってきました。ひとつ残ってしまったので、iede cafeの「オム(モチャ)ライス」に刺激されて、オムレツにすることに。iede cafeでも月森さんの「玄米菜食」を参考にしたと聞きましたが、あの本のレシピはストロング過ぎなので、油を減らしてその分つなぎの長いもを少し増やしたりしたそうです(著者も「マクロビオティックではない」と明言しています)。缶詰のコーンを使いたくなかったので、黄色はかぼちゃの色、油の代わりにゴマペーストを入れ、ブレンダーは使わずムーランで裏ごしして、オーブンで焼かずにビタクラフトのフライパンにオーブンペーパーを敷いて蓋をして蒸し焼きにしました。具のブロッコリー、しめじ、玉ねぎは別に少しの油でいためておいたものです。
手間がかかるし、ギミックは好きではありません。でも、ちょっと余裕があるときに遊び心で楽しむのはいいかな。
奥は、昨日hazelさんのおうちで3人がかりで作った練りゴマを使った蓮根、わかめ、青葱の胡麻和えです。
[PR]
# by unekocan | 2006-02-27 21:26 | 料理

もうすぐひなまつり

来週はひなまつり。
我が家の小さなおひなさまを出しました。
b0002138_21191266.jpg


朝、「今日はおひなさまを出すからね」と話したら、くろうさが、銀座の「福光屋」で初めて甘酒を買って来てくれました。
特別栽培の「フクノハナ」という酒造好適米を使ったストレートタイプの甘酒です。夕食後さっそく2人で味見しました。
b0002138_21281048.jpg

白米甘酒は、昨年夏に神田明神前の「天野屋」さんで飲んで以来。
・・・一口目。まるで、日本酒を含んだようなインパクトがありました。あ、酒粕+砂糖の甘酒じゃないですよ。ちゃんと白米を麹で発酵させたものです。ストレートタイプとは思えないほど甘いのですが、後口がさっぱりめなのは白米ならでは、かな。
理論上は甘酒も玄米甘酒の方がよいのだけれど、新しい味を知ることができてよかった。ありがとうね、くろうさ。3月3日のお楽しみです。
[PR]
# by unekocan | 2006-02-26 21:27 | 日常