舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

味付け問題

今日は荻窪グルッペの特売日だったので、午前中吉祥寺でヨガのレッスンに出て、その後グルッペでお昼を食べることにしました。
ヨガでは初めてチャンティングも練習しました。

セールだから満席かな、と思ったけれど、12時50分くらいに店に入って、窓際の席に座れました。精進ランチは量多いんだよね・・・でもご飯セットだけっていうのもさみしいし、と精進ランチをオーダー。今日はサービスデーでご飯は五穀入り玄米でした。ご飯も多いので少し持ち帰り、ひじきの煮物も持ち帰りにしました(私は密閉容器を持参しましたが、グルッペさんは「持ち帰りたい」というとパックに入れてくれます)。その他は、お味噌汁(油揚げと三つ葉、今日は具は少なかった)、小松菜のくるみ味噌和え、蓮根ともずくの酢の物、かんぴょうと野菜の袋煮。
さすがにお野菜はおいしい。しかし、量は持ち帰りで調整するとして、味付けが以前よりも濃く感じられました。のどが渇いて仕方がない、というほどではなかったけれど。
この前の土曜日にPureCafeのグレインサラダも穀物と豆の部分はよかったのだけれど、蓮根やにんじんは塩辛いなあ、と思ったんですよね。iede cafeでもリメイクしてもらったし。
この後、cafe eightとか、久しぶりにクシガーデンとか行く予定があるのですが、どうかなあ。

自宅の夕食は
ひよこ豆入り玄米ご飯(中先生の勧めで、もち玄米です。時々は100%にしてよいそう)。
大根と大根葉、ふのりの味噌汁
グルッペで買った新物の生若布、にんじん、あお葱をO.Bレシピの甘酒ドレッシングサラダに。
五右衛門豆腐(6分の1丁くらい)に玉ねぎ、白菜の水なし煮をあんかけにしたもの。
べったら漬けとザワークラウト。
1人ご飯のときには、かなり甘味が勝った味になります。これでデザートなしでもOK。
[PR]
by unekocan | 2006-02-28 23:31 | 日常

オープンオムレツ

b0002138_21144730.jpg


ずっとグルッペで買っていた「三代目五右衛門豆腐」を家の近くでも買えるようになり、くろうさが日曜日に2つ買ってきました。ひとつ残ってしまったので、iede cafeの「オム(モチャ)ライス」に刺激されて、オムレツにすることに。iede cafeでも月森さんの「玄米菜食」を参考にしたと聞きましたが、あの本のレシピはストロング過ぎなので、油を減らしてその分つなぎの長いもを少し増やしたりしたそうです(著者も「マクロビオティックではない」と明言しています)。缶詰のコーンを使いたくなかったので、黄色はかぼちゃの色、油の代わりにゴマペーストを入れ、ブレンダーは使わずムーランで裏ごしして、オーブンで焼かずにビタクラフトのフライパンにオーブンペーパーを敷いて蓋をして蒸し焼きにしました。具のブロッコリー、しめじ、玉ねぎは別に少しの油でいためておいたものです。
手間がかかるし、ギミックは好きではありません。でも、ちょっと余裕があるときに遊び心で楽しむのはいいかな。
奥は、昨日hazelさんのおうちで3人がかりで作った練りゴマを使った蓮根、わかめ、青葱の胡麻和えです。
[PR]
by unekocan | 2006-02-27 21:26 | 料理

もうすぐひなまつり

来週はひなまつり。
我が家の小さなおひなさまを出しました。
b0002138_21191266.jpg


朝、「今日はおひなさまを出すからね」と話したら、くろうさが、銀座の「福光屋」で初めて甘酒を買って来てくれました。
特別栽培の「フクノハナ」という酒造好適米を使ったストレートタイプの甘酒です。夕食後さっそく2人で味見しました。
b0002138_21281048.jpg

白米甘酒は、昨年夏に神田明神前の「天野屋」さんで飲んで以来。
・・・一口目。まるで、日本酒を含んだようなインパクトがありました。あ、酒粕+砂糖の甘酒じゃないですよ。ちゃんと白米を麹で発酵させたものです。ストレートタイプとは思えないほど甘いのですが、後口がさっぱりめなのは白米ならでは、かな。
理論上は甘酒も玄米甘酒の方がよいのだけれど、新しい味を知ることができてよかった。ありがとうね、くろうさ。3月3日のお楽しみです。
[PR]
by unekocan | 2006-02-26 21:27 | 日常

枕の向き

健康カウンセリングで書いた「枕の向き」ですが、奥津典子先生の「オーガニックベース マクロビオティックと暮らす」では「北半球では北枕、それが無理だったら東枕」となっています。
少しだけ九星気学関係で調べたのですが、最も良いのが北枕で南枕は避けるべき、東枕は発展の方位、西枕は安定の方位で若い人が西枕で寝ると疲れがとれなかったりすることもある、とのことでした。
なぜ、私が東ではなく西枕を薦められたのかは上記のような知識がなかったので中先生に質問できませんでした。
今東枕で寝ている方はあえて西にする必要はないのかもしれないので、ご注意ください。
[PR]
by unekocan | 2006-02-24 21:01 | マクロビオティックを学ぶ

KMA BasicⅠ調理実習第5回

メニューは
【野菜入りひえ セイタンシチュー 蕎麦の実入りスープ 浅漬け かぼちゃの種ふりかけ フルーツクランチ】
講師は原先生です。
めずらしく!私達のテーブルは6人での実習になりました。

今回から最後まで、もう玄米ご飯の実習はありません。その中でも今回はカリフラワーと炊いてマッシュポテト風にしたヒエが主食代わり。クシマクロビオティックがアメリカからの逆輸入なんだなあと実感するお料理でした。

b0002138_8421688.jpg


続きを読む
[PR]
by unekocan | 2006-02-24 09:08 | マクロビオティックを学ぶ
最終回となりました。
・抹茶とひよこ豆のモンブラン
・ねりきり たんぽぽ
・よもぎクッキー
b0002138_187434.jpg

こうして写真で見ても、ふんわりパステルカラーです。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2006-02-22 18:07 | マクロビオティックを学ぶ

仕事ランチを我やさんで

契約変更の打ち合わせで、青山の我やさんに行きました。
「お昼ご飯を食べながら」といわれたときに、「良いのですが、マクロビオティックの食事をしているので、お店は私が選んでよいですか?」とお願いしたのです。

Yさん(40代男性)は甲州地鶏香草焼きを白米で、私は玄米プレートをいただきました。お肉メインで白米、というのは予想通りだったのですが、意外に食べ方はゆっくりしている。私の玄米プレートのお惣菜も「普通の食事ですよね」という感想です。聞けば、香川県出身でお母様の兄弟が農家、子供の頃は夏休みに畑を手伝ったりしたこともあり、今でもできるだけ自炊して野菜をたくさん食べるようにしているのだとか。狂牛病問題についても、「無理に安い牛肉を食べられるようにしなくても、昔からの日本の食事でお米や野菜、大豆の味噌、魚を食べるようにしたらいいのに。牛肉食べだしたのなんて明治以降なんだから。」と言います。マクロビオティックについては、言葉としては知っている、程度の人ですが、こういう話を聞くとマクロビオティックって本当に特別なことじゃなくて、日本の昔からの生活に基づいたものなんだな、と思います。

そうそう、我やさんで米飴を買ったら、1割引になっていました。物販は全部1割引みたいです。食事をすると、なのかどうかは分かりませんが。

食後の飲み物を飲んでいると、KMAでご一緒の人がランチに見えました。
今日は我やに来る前にももう一つ偶然の出会いがあったんです。初めて出るヨガのクラスに、日曜日に「アンデルセン」で隣のテーブルにいた外国人の女性が。アイルランドから来て、日本人のご主人、息子さん2人の家族で暮らしているそうです。彼女も私のことを覚えていてくれました。

3月以降の仕事がはっきり決まらないこと部分が多くて、困るといえばそうなのですが、これも良い変化なのだわ、と思えています。
[PR]
by unekocan | 2006-02-21 17:13 | 外ごはん・お茶

夕ご飯はこんなかんじ。

今日の夕食、ひとりごはんです。
週末はバーミックスやオーブンを使ったお料理が多く、お酒もいただくので、月曜日は優しい目お料理になるように。

b0002138_23114337.jpg

玄米ご飯(カブの葉、黒胡麻、醤油)
お味噌汁(セロリ、若布)
蓮根とにんじんのえごま味噌和え(short time)
Long timeの副菜は、
昨日の玉ねぎ、しめじ、白菜の水なし炊きの残りで厚揚げを煮ました。先週、KMAから持ち帰った玄米餅を少しだけ刻んで乗せてとろーっとさせたのがおいしかった。
大根のぬかづけと梅干
ご飯に乾煎りしたカブの葉(または大根の葉)を入れるのは中先生のカウンセリングで勧められたものです。

デザートの写真は撮りませんでしたが、O.Bの甘酒ソイプリンに水なし炊きしたかぼちゃをプラスしたもの。日曜日、数ヶ月ぶりにトーストしたパンを食べたし、夕食でも春巻きの皮を使ったパートフィロを作ったので、粉を使わないお菓子で甘味も甘酒メイン(少し米飴も)、今回はバーミックスもつかわず、裏こししました。
[PR]
by unekocan | 2006-02-20 23:18 | 料理
今回のテーマは「おもちゃ」、BGMもおもちゃの楽器を使った音楽。
バレエのお稽古の後で、お昼ご飯にいったのですが、デザートのプッチンセサミンを食べるには、ご飯物は多いなあ・・・
そこで、「少欲知足セット」をお願いしました。メニゥには「お腹がいっぱいじゃ家出はできないよ。腹五分目にして足るを知る」というコメントが。
内容は日替わりだそうですが、この日は小さなゴマ入りのおにぎりをそれぞれ菜の花、おぼろ昆布で包んだもの、小豆を白菜の葉でくるん、と包んだもの、ブロッコリー・豆腐マヨネーズ。
b0002138_234324.jpg

「当然、お客様によって『腹五分目』の加減が違うので、難しいのですよ」とのことですが、私には突き出しの一口甘酒とあわせてちょうどよい加減でした。
プッチンセサミンは、ほんもののプッチンプリンの容器に入れた胡麻プリンにヒエソース(たぶん、酒粕入り)、ソースといっても雑穀だからボリューム感もあり、食事を少なくしておいてよかったです。
b0002138_237194.jpg

上手に「プッチン」できました。
b0002138_2372567.jpg

子供の頃、風邪を引くと吐き気で食べられなくなり、医者には「なんでもいいから食べられるものを食べるように」と言われていました。すうどんと、プッチンプリンあたりが定番だったな。
[PR]
by unekocan | 2006-02-20 23:09 | 外ごはん・お茶
今の食事のパターン。
<朝>
スープ 気分によって雑穀やオートミール、玄米も入れてお粥のようにしたり
蒸した青菜 漬物

<昼>
基本は玄米おにぎり1個と味噌汁
外食(マクロビオティックかVegan対応の店のみ)だと量が多いので、大抵残すか持ち帰ります。料理教室の試食でも同じく、です。

<間食>
甘い野菜のスープ 
カフェなどでマクロビオティック・スイーツをいただくこともあります。

<夕食>
味噌汁、ご飯1膳、おかず2品(LongTimeとShortTime)、漬物
デザート お茶

週末は、朝食はくろうさと外でお茶(プラス、持参した小さい蒸しパン)、夕食の量はもうちょっと増えるし、少しお酒もいただきます。

で、食事全体もなのですが、玄米ご飯の量が少ないかな、という気がしていました。1膳が私の場合、だいたい120~130gくらいなんです(量っています)。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2006-02-16 23:33 | マクロビオティックを学ぶ