舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

<   2005年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

日時 2005年10月29日(土)13時開演
場所 四季劇場・秋
席 1F 14列12番、13番

劇団四季の公式サイトに 相互理解協会」の会長で、ロシアにおいてシベリア抑留を研究されているアレクセイ・キリチェンコ氏が『ミュージカル異国の丘』を観劇されたことが書いてありました。会場前からTBSのテレビカメラがあったし、私たちの少し前の席にどうみてもロシア人と思われる高齢の男性二人と赤毛の若い女性が座っていたので、たぶん、彼らの取材なのだろうと思っていましたけれど。
くろうさは2002年上演時のテレビ放送を見たことがありますが、観劇は初めてです。でも、最近は白州次郎さん(近衛文隆さんと近しかった)についての本や、「亡国のイージス」を読んだり、靖国問題のこともあって、すでに思い入れいっぱいです。ミュージックフェアで「明日への祈り」を見るだけで泣くくらいです。私も前回の東京公演では目幅泣き(「巨人の星」のように涙が目の幅で流れること・・・)を2回したのに、ハンカチを忘れてしまった!

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-10-31 11:24 | ミュージカル・芝居
最後に、残り10分くらいあるから何か質問は?と言われて
「11月に弟の結婚式と父の3回忌があります。避けたい食べ物については話してあるものの、そういった場合、どの程度まで『たまには』ということで食べても(目的があって食事を気をつけている状態で)良いのでしょうか」
と伺ってみました。
「あのね」
「今の質問は頭で考えてしていることでしょう。でも、11月になって肉なんかを食べたら、たぶん下痢すると思うよ。そうやって体で覚えることも大切なの。」
「食べないほうがいいんだけれど、でも目の前に出てきたら正直食べたくなるんだけれど、どうしよう、こうしよう、と思うわけやな」
「けど、食べて気持ち悪くなる、下痢するという経験をしたら、本当に食べたくなくなるよ。そうなったら周りの人も勧めてこないよ。本人がふらふらしていると、周りは『まあいいじゃないか』というんだよ。お酒だってそうでしょう?でも目の前でいっぺんバタンって倒れるのを見たら次から言わないでしょう。だから周りに勧められなくなったら本当に体が変わったということやね、勧められるうちはまだ体の中にもそういう食べ物が残っているということ。」
「僕は誰にも勧めてもらえないよ(笑)」
「もし食べるとしたら優先順位というのはあるからね、
砂糖→白身魚→乳製品→卵→鶏肉→牛・豚 となるけれど、
調子悪くなったら、それを経験してみるのもいいんじゃない。」
「付き合いは大事やけれど、付き合いで体を壊したらあかんよ」

最後の最後で時間は短かったけれど、これが今回一番聞いてよかったことかもしれません。
すべては、自分の意思次第。
[PR]
by unekocan | 2005-10-28 13:49 | マクロビオティックを学ぶ

中先生のカウンセリング

「マクロビガーデン」中先生の2回目の健康カウンセリングを受けてきました。
前回は8月の終わりで、そのときにアドバイスしていただいたことはできるだけ実行してきたつもりです。でもお手当て(薬膳とか大根干し場の腰湯とか)はあまり頻繁にできなかった。
時間が押しているということで、約20分遅れで始まりました。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-10-28 11:01 | マクロビオティックを学ぶ

掲示板はずしました。

掲示板の有効期限が切れてしまったようで、アクセスできなくなっていたので、ひとまずはずしました。
[PR]
by unekocan | 2005-10-28 10:47 | お知らせ

プロセス145号に

大地宅配のプロセス145号 はみだしプロセスに私のコメントが掲載されました。
大地の「こだわりもん」納豆(斉藤納豆製造所の製品)についてのコメントです。
奥津典子さんの「マクロビオティックのお買い物」に載っている「正直村 斉藤さんの納豆」と同じなのです。違いは「こだわりもん」にはマスタードがついていないことです。
それから正直村の納豆は小粒と大粒ですが、大地は小粒、中粒、黒豆の3種類あります。くろうさは断然小粒派です。中粒や大粒は納豆だけで食べる人向きで、ご飯にかけるのはやっぱり小粒、なのだそうで、それはわかる気がします。私はどれも好きだけれど、黒豆(大粒よりもさらに大きい)納豆に青葱、めかぶとろろ、えのき、薄口醤油で「ご飯にかけない」で、サラダやおひたしみたいな一品として食べるのが好きです。
[PR]
by unekocan | 2005-10-26 23:14 | 日常

by Sugar addict@渋谷

日曜日、オーガニックベース奥津典子先生のクラスに参加しました。当初50名の予定が申込者が多く、会場を変更して120名としたそうです。

その前に友達と「我や」で玄米プレートをいただきました。我やにしては珍しく、モミノキハウスの自然食プレートみたいなマクロお惣菜Onlyでした(実は、そうではないものを期待していたのでちょっと困ったのですが・・・)。もみじの葉や菊のはなびらをあしらうところは「我や」です。前日の夜はチャヤでちょっと贅沢したのでリセットするにはちょうどよかったのかも。でも玄米ご飯が固かったのが残念でした。来月から日曜日はお休みなるそうです。ランチもいつもすいていたし、仕方がないですね。無理してお店自体がなくなっちゃうよりはいいです。

さて、本題。

最初に「マクロビオティックは規則でも強制でもなくて、自分で自由に選ぶもの。でも、もし砂糖をやめてみようとしてやめられないとしたら、『自由でない』自分について考えてみよう。そして、やめたとき、砂糖を取っているときでどんな反応があるのか、自分の体で試してみて、納得してください」というお話がありました。そう、マクロビオティックは、食事が目的なのではなくて、自由に生きるための方法なんですよね。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-10-26 11:25 | マクロビオティックを学ぶ
22日の土曜日に、cafe8のイベントに参加しました。今回のテーマは、「
台湾発・エコ茶を味わう会」です。
交通事情で、開始時間が30分程度遅れたので途中で退席することになり、沈先生とスタッフの方たちにはお気遣いいただいて申し訳ありませんでした。
東京でも中国茶をいただくことができる茶館やCafeがありますが、この会でいただいたお茶は未体験のもの。
お茶をいれる茶器(日本でいうところの急須)は、直径4cm程度の小さなものです。
箱から取り出して並べるときに、先生がフタを外して本体を置いてからまたフタをしているのに気が付きました。薄い生地なのです。普通、お湯を上から掛けて温めますが、小さくて薄い茶器なので必要ないそうです。
1人分のお茶は0.5~1g、人数が増えるともう少し少なくてもよいということで、約10人分を入れるのに3.6~4gを使いました。ほんの少し、しかも2、3日はそのまま飲めるということです。
私が特に気に入ったのは「紅玉」という台湾紅茶です。40分以上経ってもぜんぜん渋くならない!

小林さんのお茶スイーツもいただきました。
b0002138_22213616.jpg


当日はバレエ公演のためにお買い物の時間がなかったので、昨日、沈先生の教室に電話して、一人用の茶器と紅茶を買いました。

ヨガ的台湾茶のススメ。
[PR]
by unekocan | 2005-10-25 22:29 | 日常
日時 2005年10月22日(土)17時開演
場所 浜松町 メルパルク
席 5列18番

5列、といいながら、4列目までの座席がなく、舞台が付け足されていたので、最前列だったのです。それなのに満席というわけでもなく、むしろ当日券の方がもうちょっと見やすい席になれたかも。
でも、今回は近くから見てよかった!と思いました。
東京ダンススクエアに写真取材が掲載されています。
演目は『モーツァルト ピアノカルテット』、『ダンスパステル』、『ファンタジア』の3作品で、すべて間宮則夫さんの振り付けです。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-10-24 16:47 | ダンス
今回の旅先、マレーシアはマレー系、漢系、インド系、少数民族からなる多民族国家で、マジョリティーであるマレー人の宗教はイスラム教です。
今年は10月5日から11月9日がラマダン。うっかりラマダンのことは忘れていましたが、行きの飛行機は、東京・KLも、KL・チェラティンもムスリムの女性が隣に座ったため、ラマダンであることを知りました。しかし、東京・KLでは女性がなんども"I'm Fasting"と断っているのにもかかわらず、食事や軽食サービスを何度もCAが勧めるのです。一人に断っても、別のCAが来て食事を受け取っていないと見るとまた勧める、の繰り返しです。特別機内食を頼んだ私の席にはシールを貼ったのですから、断食中というシールを貼ったらいいのではないかと思いました。機内食のオーダーを間違えられたことといい、日本では、大多数の人とは違う生活(食事とか、信仰とか)様式を持つ人がいる、ということに対する認識や想像力が欠けているのではないかと思います。
ラマダンは夜7時になったら食事を採ることができます。クワラルンプールでは「ラマダンバザール」といって、夜、屋台の店がたくさん出る一種のお祭りがあるそうです。そして、ラマダン明けにはラマダン正月の行事。私たちから見るとストックな感じがしますが、生活にメリハリをつけて楽しむ行事でもあるのかもしれません。

ClubMedで食事をしているときに、私が持参した味噌などを使っていたので、何度か同席になったGOに理由を尋ねられました。マクロビオティックと言ってみたのですが、知っている人はいませんでした。くろうさが「ちょっと特別なベジタリアンなんだ」と説明したので、まあ、ベジタリアンだということにしました。で、その後だいたい、理由、期間、どんなものを食べるか・食べないか、話題に続いて、くろうさとの食事はどうしているの?という展開になります(笑)。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-10-21 11:50 |

OB スイーツコース2回目

O.B.スイーツコース第2回目です。メニューは
かぼちゃとひよこ豆の蒸したておまんじゅう、さつまいもとりんごのクランブル、ひよこ豆のマロンパルフェでした。
b0002138_2122271.jpg
b0002138_21225598.jpg


続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-10-20 21:22 | マクロビオティックを学ぶ