舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

秋晴れの日

昨日は東京では何日かぶりにすっきりと晴れました。
午前中のバレエレッスンの後、スウェディッシュマッサージのモデルで北春日部まで行くので、千代田線の根津駅近くにある「根津の谷」でお昼、と考えたのですが、朝突然お弁当に変更。ちょうどご飯がおにぎりつくるだけの分量あるし、なんとなく、外で食べたいなあという気になって。
先週末からあまり食欲がないせいもあるかもしれません。お店の食事はどうしても揚げ物とか、そのときの体調に合わないものが出てきてしまうことが多いから。
お昼は丸ビルのBe Good Cafeの前でいただきました。本当はBe Good Cafeのものを買わないといけないのかな(ごめんなさい)、でも何も買わないでノートPC使っているビジネスマンや、コンビニご飯を食べている人もいたし、満席ではなかったから。
ここにきたら豆乳アイスが食べたくなるかな、と思ったのですが、そうでもなかった。やっぱり食べる量はちょっと減り気味。それに日が差して暖かいとはいえ、もう秋ですものね。家にあるクーテもあまり食べたくなくなってしまった今日このごろです。
丸ビルから二重橋前駅まで、初めて歩きましたが、近いんですね。
思ったよりも早く北千住に着き、ルミネの中のナチュラルハウスと成城石井をのぞきました。
ナチュラルハウスは普通の店舗ではなくて、ファンケルバーのような、フレッシュジュースとサプリメント、化粧品、書籍が中心の売り場です。ジュースは原材料が表示されているので安心。メープルシロップで甘みをつけたものがありました。
成城石井では先日通販で買った「焼き岩のりとろろ」を発見。これで送料なしで入手できる!
北千住→春日部は快速ではノンストップで約20分なんですね。これなら近いです。
先週は雨降りでなんだか寂しく感じた北春日部駅周辺ですが、やはり寂しいことは寂しいです(笑)。コンビニ1件もないですし。コンビニでは飲食物は買いませんけれど、雑誌くらいは時には買いますので。ああ、でもやっぱり天気がよいと気分が違います。
来週はまた雨降りらしいです。
[PR]
by unekocan | 2005-09-30 11:26 | 日常

玄米を食べよう

この前の週末は、cafe 8さんの出張カフェでした。

24日土曜日は「玄米を食べよう」がテーマで、益子から届いた新米とおそうざい、お味噌汁のプレート、ライスプディングなどのメニュー。スケジュールの関係でご飯は他でいただいたので、ライスプディングを。今まで作ったり食べたりしたものとは違って、抹茶風味の寒天ベースに玄米のつぶつぶが入っているプディングでした。私の好みはとろーんとしたプディングなのですが、これはこれでおいしかったです。小田屋のお醤油、赤ワインビネガーを購入。先月買ったカラマタオリーブもリピートしました。
25日日曜日はランチボックスを、とも思ったのですが・・・朝アンデルセンでくろうさと食事したからか、どうも食欲がなくて。土曜日もクシガーデンのランチを食べ切れなくてレンズマメのマリネはテイクアウトさせてもらったし、あまりちゃんと消化できない感じです。なので、カフェでは「佐藤さんのりんごジュース」をオーダーしました。350mlなので、半分弱くらい飲んであとは持ち帰り。楽しみにしていたパンプキンカスタードも持ち帰り。
そして。
なんと無謀なことに、プロの皆さんに朝作ったパンプキンレアチーズケーキを味見していただく。レシピはOrganic Baseのものですから間違いはありませんが、緊張しましたよ~幸い、好評をいただいてよかったです。

毎月の出張カフェは私の中では「恒例」となっていますけれど、なかなか難しい面もあるのだそうです。そうはそうかもしれない。バックヤードもないし、当日販売に当たるスタッフの倍以上の人たちが準備をするということで、費用もかかるし。無くなってしまうのはとても残念なので、何かお手伝いというか、いい方向に行くために、できることがあればよいのですが。
[PR]
by unekocan | 2005-09-27 17:06 | 日常

Bombay Dreams 続き

あれからまだ先は見ていません。これまで見た内容で、くろうさがおもしろいと思ったことを教えてもらいました。私は英語がちゃんと理解できていなかったので、彼の話しではっきりした内容を知りました。
アンドリュー・L・ウェーバーは、"Bombay Dreams"の挑戦は、舞台を見ている観客が映画を観ているように感じられるものを作ることだ、と言っています。
映画は、旧ソ連のようにカメラが極端に少ないケースを除いては、複数のカメラを用いて、さまざまな視点が一つの作品の中に入っています。それに対して舞台は、見る人の視点は座った座席からのものに限られます。それを、あたかもインド映画を観ているような舞台にする、というのです。
ああ、そういう内容の話だから2幕始めの「チャイヤチャイヤ」という曲がずっと流れていたんだ。2幕の始めは新作映画のプロモーションという設定で、インド映画によくあるだんすシーンを、映画と同じように衣装の色が次々に変わり、スロープ状のセットが舞台の上で回転することで見える角度が変わる、という場面だったのです。
それで、くろうさがその話を聞いて思い出したのは、四季の「ユタと不思議な仲間たち」のセットなのだそうです。確かに、ユタが歩いていくと景色が変わっていくように見えるあのセットは、他の作品では見たことがありません。
[PR]
by unekocan | 2005-09-25 15:32 | ミュージカル・芝居

Salaam Bombay Dreams

A.L.ウェーバープロデュース"Bombay Dreams"はウェストエンドもブロードウェイもクローズしてしまいましたが、メイキングのDVDがありました。Amazonで注文したら2日で送ってきました(イギリス製品の輸入品なので、対応した機器でないと再生できません)。
舞台の映像化ではないです。それなのに4時間6分もある。
まだ1時間しかみていません。振付やレコーディングの様子は面白いです。詳しい内容はくろうさが訳してくれますし。
私達2人の意見では、悪役の結末に今ひとつ納得が行かなかったので、そのあたりを変えて、日本でリニューアル版初演、というのはどうでしょう。アジアのお話だし、受けると思うんだけれどなあ。
[PR]
by unekocan | 2005-09-23 22:57 | ミュージカル・芝居
スウェディッシュマッサージの勉強をしている方の、カルテをとるモデルをすることになりました。今日はその1回目です。埼玉県の春日部市、初めて行きました。自宅の最寄り駅からも、新宿からも1時間15分程度かかりますが、千代田線、日比谷線、半蔵門線の直通電車が通っているので、意外に交通の便はよいみたい。
アロマテラピーのマッサージはおおよそ、ベースはスウェディッシュマッサージなのですが、そのものを受けるのは初めてです。ほとんどのマッサージは末端から始めるけれど、今回はリンパ節に近いところから末端に行く方法でした。大きなリンパを開けてから末端に行く、という考え方は本で読んだことがあります。軽擦や叩く手技が多かったです。前職のサロンではドレナージュでリンパ・静脈の流れに沿って、手のひらで皮膚を吸い付けるようにして摺り上げる手法でした。マッサージにもいろいろな方法があるんだなあ。
全身のマッサージで仰向け、大腿部前面から始める、というのもめずらしいかも。今まで受けたことがあるマッサージはうつぶせ・足先から始めるものが多かったのです。
背中のトリートメントで、背骨に沿って指で刺激することを何度か繰り返していましたが、これはコリを直接ほぐす、というよりも「気」の流れを促しているような感じがしました。
終わってから、体幹部と足先の冷えが指摘されました。腹巻が良い、ということなので、やっと涼しくなったし、また復活しようと思います。
[PR]
by unekocan | 2005-09-22 21:41 | 日常

秋のからだ、秋のこころ

月曜日が今年最後の夏日だったので、昨日から急に涼しくなりました。気温が下がった、というだけではなくて、秋の空気です。日の入りも早くなり、夕方6時半を過ぎて最寄の駅に着くと、もう薄暗くなっています。虫の声と、ちょっとひんやりした空気。ちょっと寂しい気分なのだけれど、それが心地よく感じます。少し寒い空気の中、あったかいものに包まっているのって、気持ちよくありませんか?(くろうさは「布団」が大好きで、思いっきり布団にくるまれる寒さは好きなのだそうです)。整体では秋は「肺」に対応した季節で、感情としては「悲しみ」なのだそうです。寺門琢巳さんの「かわいいからだのメニューブック」ではこの季節におすすめの食材は「長ねぎ」。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-09-21 15:49 | 日常

感動・・・

18日日曜日、フロアバレエのレッスンの後、我や青山店にお昼を食べに行きました。
1人なので、プレートランチにしようと思っていたのですが、一応、玄米膳のメイン「蓮根まんじゅう」は揚げ物ですか?と尋ねてみたところ、蒸してある、といいます。玄米膳は揚げ物メインであることがほとんどだったので、興味を引かれてオーダーしてみました。
出てきたお料理は、すっぱりと角も崩れずきれいに煮含められた輪切り大根を真中に、蓮根まんじゅう、オクラ、蓮根、斜め切りの人参が盛り付けられ、お皿には銀あんが張られていました。そしてふわっと香る柚子。人参の上に皮の千切りが散らしてありました。
この日はカメラを持っていなかったので、写真がありません。
この見た目の美しさと香りだけでもオーダーして良かった、と思いました。銀あんの味は、少し昆布が勝っていましたが、おいしかったです。
どのマクロビオティック、ベジタリアンメニューのお店でも、マクロビオティックの食事をしていない人にも(比較的簡単に)満足感を与えるには、揚げ物でボリュームを出すもの、外食は「ハレ」の食事なのだから、マクロビオティックでは常時用いないとされている調理法が多くても仕方ないと思っていました。でも、蒸す、という調理法で、外食でも、ここまでしっかりしたお料理が、しかもランチで出せるなんて、感動しました。
サラダは、2週間前はトマトが入っていましたが、この日はトマトはなしで、枝豆が散らしてありました。以前よドレッシングのオイルは控えめになっていたようです。
この日は、最初に目黒店でマクロビオティック対応をしてくれたスタッフの方がいました。最初はメニューのバリエーションがなかなかなくて、雑誌の「パクリ」をしていたんですよ、やっと慣れてきましたと言っていました。残念ながら彼は今月末で退職するそうです。また、目黒店、渋谷店はクローズしました。でも、代々木上原店は、店内改装に先立って、メニューのマクロビオティック対応を進める予定だとか。
帰りに物販コーナーを初めてちゃんと見てみました。
お店で使っているのとおなじ「ひとめぼれ」、典子先生の本に載っている「信州安曇野のおいしいテンペ(冷凍)」があります。この日は日本橋高島屋などによる予定があったので、テンペは買わなかったけれど、グルッペ以外の取り扱い店が見つかってよかった。
我やは、スタッフが熱心に勉強されているし、だんだん良くなってくるので、通うのが楽しみです。
ああ、でもピュアカフェも2周年記念メニューがあるらしい・・・
[PR]
by unekocan | 2005-09-20 13:56 | 日常
日時 2005年9月17日 13:00開演
場所 自由劇場
席 1F8列13番

考えてみるとアンドリュー・L・ウェーバーの作品は、「こんなの見たことがない!」というものばかりのような気がします。出世作と言われている"Josef's Amazing Technicolor Dream Coat"からしてそうですし。「キャッツ」を初めて見たときには、他の作品を知らなかったので比較ができなかったけれど、ブックレスミュージカルで、台詞がなくて、劇場の形も普通じゃないし、やっぱり変わっている。「ジーザス・クライスト・スーパースター」エルサレムバージョンでは、上演開始から10分間、くろうさと二人で口が開きっぱなしでした(笑)。
この「アスペクツオブラブ」もかなり変わっています。私は、好きです。でも、人にはあんまり勧めないかな。お芝居か、ミュージカルを見慣れている人向け、という気がします。

続きを読む
[PR]
by unekocan | 2005-09-20 11:19 | ミュージカル・芝居

不思議なもの

b0002138_811224.jpg

b0002138_8114293.jpg


上の写真は、バターナッツスクワッシュを縦半分に切ったところ。アメリカのお料理本によく出てくるかぼちゃで、「クッチーナ・インテグラーレ」の帰り、御茶ノ水のGAIAで買いました。アメリカにはバターナッツの他にも、ウインタースクワッシュとかスィートスクワッシュとかいろいろあるみたいです。
スーパーマーケットでは栗かぼちゃ系のものしか目にしませんが、日本にもかぼちゃのバリエーションはこんなにありました。
http://www.vegefund.com/panfu/pumpkin/pumpkin.htm
子供の頃は、ときどき日本の黒皮かぼちゃも食べていたように思います。
このバターナッツスクワッシュは、Organic Baseで習ったパンプキン・レアチーズケーキと、昨日の夜にはポタージュスープになりました。お料理すると栗かぼちゃよりもあざやかなオレンジ色になりました。

下の写真はドラゴンフルーツです。イギリスでこの果物にはまったくろうさは「ピタハヤ」と言っています。これは先週Organic Baseの帰りにグルッペ吉祥寺店で買った、めずらしい有機栽培のもの。残念ながら味は今ひとつでしたが、久しぶりの南国の味でした。
[PR]
by unekocan | 2005-09-20 08:11 | 日常

おはよう日本

四季公式サイトのメディアナビは見逃していましたが、早起きは3文の得、です。
毎朝5時半~6時に起きてかならずNHKをつけていたおかげで、「おはよう日本」の「昭和三部作特集」を見ながら録画もすることができました。
あとから起きてきたくろうさと一緒に録画も見て、朝からごきげんです。

浅利慶太さんのインタビューについては、編集・カットが問題あるなあ、というのがくろうさの感想です。私も、昨日の観劇でもらった「語り継ぐ日本の歴史」と、放送された部分のみの印象はかなり違うように思います。

特集のテーマが日中友好だったので、中国人俳優の誰が取り上げられるのかな、と思っていたら、「李香蘭」出演中の石路さんと「ライオンキング」の李濤さんでした。
石さんは、ライオンキングのエド役が私達夫婦のお気に入りです。
日本語、頑張ってください。後から李さんのインタビューと比べると、やっぱり台詞や歌の多い役は難しい、と思ってしまいます。でも、「李香蘭」に出演したことで、中国での愛国教育では知りえなかったことを知って、平和の使者という気持ちで毎回きちんと演じようとしている、という姿勢が素晴らしい。
外に出なかったら分からないこと、私たちにもあるんだろうなあ。
[PR]
by unekocan | 2005-09-18 17:38 | ミュージカル・芝居