舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

カテゴリ:外ごはん・お茶( 64 )

セタガヤママ

「おいしいごはんのお店」などで知って、一度行きたいなあと思いながらなかなか機会がなかった「セタガヤママ」でhazelさんとお昼ご飯をいただきました。
b0002138_1884645.jpg

紹介サイトなどに書いてあるとおり、山小屋風のかわいいお店です。写真にはあまりはっきり写っていないのですが、小さな花壇があります。
自然食品の販売もしていて、お店は11時くらいから開いているのですが、ランチは12時からです。1日12食限定の玄米定食がなくならないように11時過ぎにお店に着いた私達は、一度駅の方まで戻って別の自然食品店(樅の木)などを見てからもう一度行きました。
近くには目印になるような建物はなく、本当に住宅街の中に唐突にお店があります。地図を見ただけでは本当にたどり着けるのか、不安になったのですが、一度道が分かれば経堂駅からそれほど遠くはありませんでした。
b0002138_18124984.jpg

今日の玄米定食は、オートミールのメンチカツ、切干大根の煮物、大根の浅漬け、人参(たぶん梅煮)、菜の花(ゆでるか、蒸すかしたもの)、大根葉と白ゴマの和え物、お味噌汁でした。切干大根の煮物はじゃがいもと豆のサラダの代わりにしてくださったものです。玄米ご飯は少なめに、ごま塩もなしにしてもらいました。
切干の味がちょっと濃かったけれど、全体的にお料理はおいしかったです。一番おいしかったのは、オートミールのメンチカツ。中島デコさんの本で読んで、一度作ってみたかったので、まず味を知ることができてよかったな。家では衣をパン粉ではなく玄米フレークにして、揚げ焼きにすれば油も少なくてすむし。
ご飯はかなりモチモチなので、少なめにしてもらって私は正解。
この日はたまたまだったのか、私達がいた時間でお客さんは10人になりませんでした。でも大橋さんお1人で全部のお料理を作っているので、時間はかかります。時間と気持ちに余裕をもってのんびり過ごしたいですね。
隣のテーブルの女性2人連れは、西洋占星術の鑑定をしていたいようで、食事の後2階にあるらしいスペースに上がっていきました。
通えるような場所ではありませんが、また行ってみたいと思います。
[PR]
by unekocan | 2006-03-30 18:19 | 外ごはん・お茶
何が「記念すべき」かというと、
代官山店から数えて5回目にして。
初めて、「大豆たんぱくの唐揚げ」ではないランチにめぐりあいました。
そして、デリがジャガイモでなかったのも初めてです
b0002138_17481227.jpg

春野菜のグラタン、かぼちゃのサラダ、にんじんのラペ、グリーンサラダ、です。
お味噌汁は玉ねぎ入りで甘くておいしかった。
玄米ご飯はモチモチです。去年は少なめ、と思ったけれど、今はモチモチ玄米を重く感じる体調なので、十分、というかちょっと多めに感じます。
食後は穀物コーヒー(INKA)を頼みました。穀物コーヒーというと、豆乳や甘味は最初は出さないことにしているようです。で、「豆乳を出してもらえますか」とお願いしたら「穀物コーヒーはカフェインが入っていないのですが」と言われました。意味がよく分かりませんが、ミルクや砂糖はカフェインを和らげるためだけに入れるということなのでしょうか。「それは知っているのですが、お願いします」といったら、牛乳が出てきてしまいました(涙)。牛乳とは思わなかったのですが、無調整豆乳かな、とカップに入れる前に、スプーンで味を確かめてみたのですぐに取り替えてもらいました。心の準備がないところに口に入ってしまうと、結構びっくりします(^^;
[PR]
by unekocan | 2006-03-29 17:54 | 外ごはん・お茶

Cafe Eight & Pure cafe

先月末に青葉台に再オープンしたCafe Eightにはもう数回行っています。
先週金曜日は、ランチで「にぎやか納豆丼」とダルスープ(インド風の豆のスープ)をいただきました。
b0002138_2026590.jpg
b0002138_20261385.jpg

「にぎやか納豆丼」に載ってくるおかずは、納豆とひじきは定番ですが、その他のおかずはひがわりのようです。今日は大根と大根葉のごま油いため、大根・人参・しいたけの煮物、でした。何も言わないとジャガイモのグリルも入ります。私はじゃがいも抜き、というのを覚えてくれました。スープも日替わりです。前回のかぼちゃとスプリットピーのスープもおいしかったけれど、この日の豆もスープも具たくさんで良かったです。
Cafe Eightには穀物コーヒーはありません。ティラミスもCafe Eightはエスプレッソで、Pure Cafeは穀物コーヒーです。もっとも、エバーナッツの穀物コーヒーはイチジク入りです。

今日は、バレエのレッスンの後、Pure Cafeへ。
b0002138_20315537.jpg

ただいまのグレインサラダは「お花見」とう名前で、玄米にれんこん、油揚げ、紅芯大根、白いんげん豆、梅酢で味がついています。エスニックな味付けが多いPure Cafeではめずらしい。スープはローズマリーとレンズ豆を選びました。もう一種類はトマトとピーナッツバターの中華風スープでした(以前食べたことがありますが、これもおいしいです)。
今日は、デザートにキャロブバーをいただきました。イートインにするとこんな風にデコレーションしてくれます。薄紙で巻いたものがそのまま出てくるとばかり思っていたのでうれしかった。
キャロブバー、といってもカカオも入っているそうです。おいしいのですが、強いなあ、と感じて半分は持ち帰りました。
[PR]
by unekocan | 2006-03-26 20:36 | 外ごはん・お茶

クシガーデンでランチ

昨日、バレエのお稽古友達とクシガーデンに行きました。今年になって初めてです。
この前はPure Cafeに一緒にいった彼女は、お友達が正食協会で働いているそうで、ちょっとだけマクロビオティックのことも知っていました。Pure Cafeに行ってから残業があるときのご飯はチャヤのお弁当を買ったりしているそうです。
写真は撮っていません。
ランチのメインはテンペの甘酢いため、選べるデリはかぼちゃのカシュークリーム和えにしました。クシガーデンのランチはキャベツ・もやし・にんじんのボイルサラダが必ずつくので、結局3品。
いつもお味噌汁にするのですが、今日はキャベツ・玉ねぎ・モチ粟のスープにしてみました。
ご飯のごま塩、断ればよかったな。自分で避けましたが。
以前にも書きましたが、クシガーデンのお料理はデリとして一品ずつ販売もしているので、それぞれが「強い」のですね。その分、普通食の人にもおいしく感じられるしっかりした味であるともいえます。
玄米ご飯は我やよりは軽め、でもやっぱり圧力釜炊きは自分には重かったんだ、と気が付きました。幸い、クシガーデンはお料理を持ち帰らせてくれるので、ご飯とかぼちゃは詰めてもらいました。
マクロビオティックに興味を持ってくれた彼女に、奥津典子さんの「オーガニックベース マクロビオティックと暮らす」を貸しました。

さて、持って帰ったものの、ご飯はそのまま食べたら重そう。一部をホールフーズスタジオの「グリーンサワーソース」にして蒸したキャベツ、さっとボイルしたワカメのサラダにしました。でもまだほんのちょっと残っています・・・
かぼちゃは十分甘いお料理だったので、デザートとして。
[PR]
by unekocan | 2006-03-09 08:30 | 外ごはん・お茶

Cafe Eight

クローズしていたCafe Eightが目黒区青葉台に再オープンしました。今日はKMAのお友達といっしょにランチに行きました。
玄米を食べようと思っていたのだけれど・・・今日のスペシャルランチ=ミーゴーレンを見てしまったので、それをオーダーしました。エスニックをVeganで食べられる機会はそうはないもの。
お店は女性のお客さんでいっぱい。13時を過ぎるととたんにすいたので、近くの会社の人たちなのかもしれません。
b0002138_23202616.jpg

b0002138_23204225.jpg

ポテトが添えられていたので、「食べられないので避けてください」とお願いしたら、ヒジキのサラダに変えてくれました。辛いけれど、おいしかったです。
池尻大橋駅から向う途中の道でスイーツ担当の小林さんにも会ったし、イベントカフェで見知っているスタッフもいました。
今日はひなまつりということで、女性限定でプチスイーツ(キャロブバー 生チョコみたいです)をサービスしてくれました。
日曜日もランチ営業があるし、渋谷の道玄坂上からも歩けるので、バレエのお稽古の後にもこられそう。玄米のメニューはカレーだけかと思ったら、納豆丼もありました。

代官山まで歩いて20分くらい。メルロ・パノニカの前を通りました。
代官山ではKuでお買い物。
寒かったけれど楽しかったです。おつきあいいただいて、ありがとうございます。
[PR]
by unekocan | 2006-03-03 23:21 | 外ごはん・お茶

BROWN RICE CAFE

昨年8月に「マドモアゼル・モーツァルト」観劇の前に食事して以来だと思います。
12時15分前からオープンを待ちました。雨降りの平日なのに開店後10分で満席。でも結構回転は早かったかな。
この寒いのに、サニーレタスたっぷりの(笑)テンペのサム(包みご飯)を選びました。
蒸し野菜は自分でも作れるし、今日はシンプルなものをいただきたかったから。いつもは三之助揚げの「玄米いなりポーチ」なのですが、夕飯で油をちょっと使うから油揚げはちょっと。
b0002138_1815566.jpg

お味噌汁です。携帯が写っちゃった。
b0002138_1816201.jpg

今日は1日なので、小豆ご飯でした。それから、ご飯の増量が頼めるようになったんですね。ご飯をしっかり食べたい人、男性には嬉しいですよね。
それから、ここのグレインコーヒーはINKA(いちじくなし)です。
相変わらずお料理はおいしい。テンペは味つけなしで、南蛮味噌を添えて食べるスタイルなので味付け問題もなし。ちなみに、私はテンペだけレタスと薬味で食べて、ご飯はご飯だけで食べます。

お店の雰囲気がとっても好き!じゃないのはどうしてかなあ・・・別に感じ悪いとかじゃないです。
ただ。
例えば、おしぼりの出し方やタイミング。
受け皿にクッキーを載せて、コーヒーカップを載せて、という動作。
ルーティンになっている感じなんですよね。ちょっと雑、というか。

お店で使っているRe食器のボウルも販売していました。買おうかなと思ったのですが、ネット通販の方が断然安いことに気がついてやめました。
暖かくなったら、テラス席利用で、また来ようかな、と思います。
[PR]
by unekocan | 2006-03-01 18:21 | 外ごはん・お茶

仕事ランチを我やさんで

契約変更の打ち合わせで、青山の我やさんに行きました。
「お昼ご飯を食べながら」といわれたときに、「良いのですが、マクロビオティックの食事をしているので、お店は私が選んでよいですか?」とお願いしたのです。

Yさん(40代男性)は甲州地鶏香草焼きを白米で、私は玄米プレートをいただきました。お肉メインで白米、というのは予想通りだったのですが、意外に食べ方はゆっくりしている。私の玄米プレートのお惣菜も「普通の食事ですよね」という感想です。聞けば、香川県出身でお母様の兄弟が農家、子供の頃は夏休みに畑を手伝ったりしたこともあり、今でもできるだけ自炊して野菜をたくさん食べるようにしているのだとか。狂牛病問題についても、「無理に安い牛肉を食べられるようにしなくても、昔からの日本の食事でお米や野菜、大豆の味噌、魚を食べるようにしたらいいのに。牛肉食べだしたのなんて明治以降なんだから。」と言います。マクロビオティックについては、言葉としては知っている、程度の人ですが、こういう話を聞くとマクロビオティックって本当に特別なことじゃなくて、日本の昔からの生活に基づいたものなんだな、と思います。

そうそう、我やさんで米飴を買ったら、1割引になっていました。物販は全部1割引みたいです。食事をすると、なのかどうかは分かりませんが。

食後の飲み物を飲んでいると、KMAでご一緒の人がランチに見えました。
今日は我やに来る前にももう一つ偶然の出会いがあったんです。初めて出るヨガのクラスに、日曜日に「アンデルセン」で隣のテーブルにいた外国人の女性が。アイルランドから来て、日本人のご主人、息子さん2人の家族で暮らしているそうです。彼女も私のことを覚えていてくれました。

3月以降の仕事がはっきり決まらないこと部分が多くて、困るといえばそうなのですが、これも良い変化なのだわ、と思えています。
[PR]
by unekocan | 2006-02-21 17:13 | 外ごはん・お茶
今回のテーマは「おもちゃ」、BGMもおもちゃの楽器を使った音楽。
バレエのお稽古の後で、お昼ご飯にいったのですが、デザートのプッチンセサミンを食べるには、ご飯物は多いなあ・・・
そこで、「少欲知足セット」をお願いしました。メニゥには「お腹がいっぱいじゃ家出はできないよ。腹五分目にして足るを知る」というコメントが。
内容は日替わりだそうですが、この日は小さなゴマ入りのおにぎりをそれぞれ菜の花、おぼろ昆布で包んだもの、小豆を白菜の葉でくるん、と包んだもの、ブロッコリー・豆腐マヨネーズ。
b0002138_234324.jpg

「当然、お客様によって『腹五分目』の加減が違うので、難しいのですよ」とのことですが、私には突き出しの一口甘酒とあわせてちょうどよい加減でした。
プッチンセサミンは、ほんもののプッチンプリンの容器に入れた胡麻プリンにヒエソース(たぶん、酒粕入り)、ソースといっても雑穀だからボリューム感もあり、食事を少なくしておいてよかったです。
b0002138_237194.jpg

上手に「プッチン」できました。
b0002138_2372567.jpg

子供の頃、風邪を引くと吐き気で食べられなくなり、医者には「なんでもいいから食べられるものを食べるように」と言われていました。すうどんと、プッチンプリンあたりが定番だったな。
[PR]
by unekocan | 2006-02-20 23:09 | 外ごはん・お茶

ありしあ

下北沢のありしあに行きました。
定番メニューに卵入りの高菜チャーハンがあり、フライの衣に卵を使ったりすることもあるそうですが、日替わりランチはベジタリアン対応のようです(一応、電話で確認しました)。お味噌汁の出汁は濃い目の昆布だしのようでした。
適当に写真取ったら、切れていた・・・メインのおかずは蓮根ハーンバーグです。
b0002138_21515259.jpg

お味噌汁はしょっぱかった・・・めずらしく汁は残してしまいました。
後のおかずは味が濃すぎる、ということはありませんでした。でもやっぱり全部は食べられなかった。最近、お昼の外食には密閉容器必須。蓮根ハンバーグとしいたけ昆布を半分ずつ持ち帰りました。玄米ご飯はやわらかくふんわり炊けていておいしかったです。

食後、たんぽぽコーヒーをいただきました。何もいわないとミルクが出るみたいです。豆乳に変えてもらいました。
このお店、初めて入ったのは大学生のとき。変わらずやっているのを見るとなんだかほっとします。当時は穀物コーヒーってたぶん出回ってなかったと思う。ありしあや自然館にはたんぽぽコーヒーしかありませんでした。
CI協会の雑誌「マクロビオティック」が置いてありました。本田美奈子さんの抗がん剤治療の記事は結構ショック・・・
[PR]
by unekocan | 2006-02-14 20:49 | 外ごはん・お茶

NatureburgerとTeeccino

15日、DevqDevaCafeの福メニュー最終日で、ヨギバーガーをいただいてきました。この日の味付けはテリヤキソースと豆腐マヨネーズでした。
ハーブティーがつくのだけれど、食後にはTeeccinoのソイラテを頼んでみました。メニューにあったフレーバーシロップは砂糖入りだと思う、と言われたので、フレーバーなしのソイラテにしてもらいました。でもTeecinoってもともとナッツやココアのフレーバーはついているんです。私が飲んだのはヘーゼルナッツだったみたい。紅茶もそうですが、甘い香りがすると味が甘くなくても甘く感じますよね。ソイは無調整豆乳。私は穀物コーヒーに無調整豆乳は合わないと思っていますけれど、フレーバーのおかげで無調整でもおいしく感じました。
Teeccinoはノンカフェインの穀物コーヒーなんですけれど、キャロブやフィグが入っているので常飲向きではないです。でも、たまにはいいかな、と思ってバニラナッツフレーバーを買って帰りました。一つ誤算だったのは、インカと違ってインスタントタイプではなく、ドリップタイプだったことです。それで、今日、スターバックスコーヒーでボダムの抽出用ポットを買いました。本当はストーブトップでエスプレッソ抽出をした方がカプチーノらしくなるのかな?まあ、それこそ毎日飲むわけじゃないし、そこまでの出費は、ね。
ライス&ソイと「カゴメ 豆」を半々にして、あたためながらあわ立てたらちゃんとそれらしくなりました。
それから、ヨギバーガーがあまりにもおいしかったので、ナチュラルハウスでアリサンのベジバーガーミックスNature Burgerミックスを買いました。これもスパイス、ポテト入り(遺伝子組み換え作物の分別はしていない)、ドライイースト入り、なので、理論上、常食にするものではないです。実際、食べてみるとスパイスが結構強い。ジャンクっぽいものが食べたいとき、という感じかな。DevaDevaのバーガーは豆の粉と野菜で手づくりだということで、やっぱりあちらの方がおいしかった。でもNature Burgerもテリヤキたれと自家製豆乳ヨーグルトのソース、ザワークラウトと千切りキャベツ、たまねぎのソテーを添えていただくと、なかなかでした(今日はパンなし、バーガーだけおかずとしていただきました)。それに、粉を熱湯で溶いて焼くだけ、というのが簡単でいいです。この手のベジフードでは乾燥大豆蛋白やグルテンよりは好みです。今度は加藤農園さんの発芽玄米パンでバーガーにしてみよう。
[PR]
by unekocan | 2006-01-16 21:52 | 外ごはん・お茶