舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

セタガヤママ

「おいしいごはんのお店」などで知って、一度行きたいなあと思いながらなかなか機会がなかった「セタガヤママ」でhazelさんとお昼ご飯をいただきました。
b0002138_1884645.jpg

紹介サイトなどに書いてあるとおり、山小屋風のかわいいお店です。写真にはあまりはっきり写っていないのですが、小さな花壇があります。
自然食品の販売もしていて、お店は11時くらいから開いているのですが、ランチは12時からです。1日12食限定の玄米定食がなくならないように11時過ぎにお店に着いた私達は、一度駅の方まで戻って別の自然食品店(樅の木)などを見てからもう一度行きました。
近くには目印になるような建物はなく、本当に住宅街の中に唐突にお店があります。地図を見ただけでは本当にたどり着けるのか、不安になったのですが、一度道が分かれば経堂駅からそれほど遠くはありませんでした。
b0002138_18124984.jpg

今日の玄米定食は、オートミールのメンチカツ、切干大根の煮物、大根の浅漬け、人参(たぶん梅煮)、菜の花(ゆでるか、蒸すかしたもの)、大根葉と白ゴマの和え物、お味噌汁でした。切干大根の煮物はじゃがいもと豆のサラダの代わりにしてくださったものです。玄米ご飯は少なめに、ごま塩もなしにしてもらいました。
切干の味がちょっと濃かったけれど、全体的にお料理はおいしかったです。一番おいしかったのは、オートミールのメンチカツ。中島デコさんの本で読んで、一度作ってみたかったので、まず味を知ることができてよかったな。家では衣をパン粉ではなく玄米フレークにして、揚げ焼きにすれば油も少なくてすむし。
ご飯はかなりモチモチなので、少なめにしてもらって私は正解。
この日はたまたまだったのか、私達がいた時間でお客さんは10人になりませんでした。でも大橋さんお1人で全部のお料理を作っているので、時間はかかります。時間と気持ちに余裕をもってのんびり過ごしたいですね。
隣のテーブルの女性2人連れは、西洋占星術の鑑定をしていたいようで、食事の後2階にあるらしいスペースに上がっていきました。
通えるような場所ではありませんが、また行ってみたいと思います。
[PR]
by unekocan | 2006-03-30 18:19 | 外ごはん・お茶