舞台鑑賞と日常のおぼえがき


by unekocan

Khuでお昼ご飯

青山LAMIAビルのSimple Cooking Khuでお昼ご飯をいただきました。最近、Lingcaranなどで渡辺満里奈さんがよく取り上げているお店です。仕事中のお弁当をお願いしたりもしているみたい。
13:10に到着して、私の前に女性3人のグループが待っていましたが、5分程度で入れました。
席に着くと「週刊朝日」「NewsWeek日本版」がテーブルに置かれた。一人だから?ぱらっと眺めていたら、女将さんに「バレエのお稽古してきたの?」と尋ねられ、Yesと答えると雑誌は引っ込み、宇田渚さんの「バレエストレッチダイエット」を持ってきてくれた。なんで「バレエ」と分かるのかなあ?(宇田さんはTVの「未来モデル」で指導されていました。ジツハワタシハニガテデス)
ランチは1000円のA、B、1200円のC、Dの4種類で、Bが肉、魚ではないセットです。この日のBランチのメニューは
・薬味たっぷり冷奴 納豆添え
・切干大根と茸の柚子風味
・ゴーヤのサラダ
・野菜たっぷり味噌汁と「おいしい」玄米
・ぬか漬け(大根、にんじん、きゅうり)
でした。かなり涼しい日だったので冷奴、ゴーヤに一瞬ひるんだのですが(笑)、今日食べないと諸般の事情により、次に来られるのは1ヶ月後となってしまう。ということでトライしました。
b0002138_810265.jpg

お味噌汁はかつおだしだと思います。具はじゃがいも、にんじん、こんにゃくでした。たぶん、具は別に火を通してあるのだと思います。よくあるような煮詰まって具が崩れたお味噌汁じゃなく、じゃがいもの角もぴしっとしていました。でも・・・じゃがいもは避けさせてもらいました。これだけは本当にだめなので(そっと紙に包んでバッグにしまいました)。
冷奴の薬味は岩のり、みょうが、青葱で、胡麻油の風味が聞いていました。
玄米ご飯は本当においしかったです。量もたっぷり。食べ終わったら、女将さんに「半分くらい残すかと思ったわ」と言われました(^^;いえ、おいしい玄米は食べられてしまうし、たっぷりいただいても太らないんです、私の場合。しょうが入りの温かいお茶もおいしかった。
カウンターも入れて14席と小さなお店で、女将さんや板前さんが結構積極的にコミットメントしてくるので、今日は初めてで1人、ということもあって逆に緊張してしまいました。13時半を過ぎるとお店は空いて、常連さんが1人で入ってくる、という感じになりました。それぞれ好みに応じたオプションなんかがあるようで、それくらいおなじみになれば居心地よいのだと思います。一見では、お昼は込み合うし、お店のポリシーもはっきりしていて、逆に「植物性だけで」とお願いしにくい感じもしました。でも、たくさん置いてある本の中に久司先生や典子先生の本もありました。夜は予約が必要ですし、メニューはいろいろあるので相談できるように思います。

このお店はjazz-designさんの「玄米スパイラル」を見て知ったのですが、私が食事を始めてまもなく、まさに!jazz-designさんと思われる方が隣の席に。なぜそう思ったかというと、サマーカンファレンスの中島デコ先生のクラスで「米つくりをしている」と言っていた男性の顔と、ブログの内容が以前から結びついていたんですね。思い切って声をかけさせていただき、少しお話させていただきました。
マクロビオティックで変わった、僕のライフスタイル(番外編)
[PR]
by unekocan | 2005-09-16 11:21 | 日常